この度の、北海道胆振東部地震の震災被害に遭われました皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興及び復旧をお祈りいたします、
去る9月8日(土)に開催を予定しておりましたBayFesta2018。地震発生当初は、無期限延期と発表させて頂き、年度内の開催が実現する方法を模索しておりましたが、
・出演者の変更ができるだけないように
・会場を確保しての準備
・年度内の開催
というのが難しいと実行委員会で判断させていただきました。
よって、誠に残念ではありますが今年のBayFesta 2018は中止、日程は未定でありますが来年のBayFesta 2019を目指して準備を進めて行くことにいたしました。
楽しみにされていた皆様には誠に申し訳ございません。
どうぞご理解いただきますようお願いいたします。
尚、チケット払い戻しは9月15日(土)から10月8日(土)の日程で行います。
こちらの公式ホームぺージのTICKTページにて払い戻しの方法ご確認の上、お手続きお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが、ご理解ご了承いただきますようお願いいたします。

今後とも、BayFesta をよろしくお願いいたします。

BayFesta 実行委員会

Chris Tone ✖️ Trey Beame

【Chris Tone】

LA生まれの日本人、Chris ToneはPOP.R&B.Jazzなどの歌を歌い続けている注目の新世代アーティストである。

シングル曲「Let’s Fly」と「The Rain」は好評につき、札幌North Wave 82.5FMで現在も流れている。
そして、2014年9月には小樽の大規模イベント「BigZam Presents OTARU BAY FESTA」に出演。
大物アーティスト達と同じステージに立つ。

今までにリリースされた曲は「Let’s Fly」, 「Give You All My Love」 feat. Shogo from Hinobi,「The Rain」 feat. Shogo, 「Get Down!」 feat.Trey Beama from Hinobi, 「Higher」, 「Next to me」 feat.Trey Beama, 「Baby Come Back」Big Zam Feat. Chris Tone などがある。
現在は東京を拠点に活動。
今後の彼の動きから目が離せない!

 

【Trey Beama】

LA出身のラッパーTreyBeamaは幼少よりHiphopに触れ13歳でラップを始める。
Big L,Bone Thugs-N-Harmony,Wu Tang Clanなどから影響を受け、そのリリック構造や楽曲の構成に魅了された。
試行錯誤の中、いくつかのグループにめ入り活動。独自のスタイルを作り上げていく。
18歳で夢にまで見たWu Tang ClanのGZAのオープニングアクトに抜擢された。
2011年、2017年にアルバムをそれぞれ2枚ずつリリース。

現在、5枚目となるソロアルバムを2019年にリリースする予定。今までのアルバムとは違い、Trey自身が今までに感じてきた、たくさんの感情をありのままにぶつけたアルバムを作っている。また、アーティストだけだはなく生まれ育ったカリフォルニア州で若手アーテスト達の育成のためにステージで有名人とライブが出来るイベント『Melting Pot 310』のオーガナイザーとホストMCとして活動。すでにRas KassやLil Flipといった有名なアーティストをゲストとして呼び大成功をおさめている。

カリフォルニアと日本をつなげていく事や今まで希望を与えてくれたイベントオーガナイザーの様に、頑張っているアーティストを手伝っていくのが今後のゴールである。

『果て無き高みを目指して上り続ける』をかかげるTreyの進化に目を離すことができない。

MENU
トップへ戻るボタン